心あたたまる遠足

    3月10日、予定とおり相良北小学校の全児童と先生方が遠足で記念館を訪れてくれました。
    全校児童合わせても20人を切っている小規模校ならではのあたたかみのある学校で、犬童球渓の話をしたり、前田一洋さんの伴奏で歌を歌ったり、とこちらが楽しませてもらった感じでした。

    IMG_9124.jpg
    IMG_9149.jpg

    自由見学の時間は、思い思いに資料をながめたり、洋間で球渓ゆかりのピアノに触れてみたり、顕彰音楽祭には出たことがある、という子ども達でしたが、今まではなんとなく聞いていた「いんどーきゅーけい」の名前が、実体をもった人として刻みつけられたのではないかと思います。

    IMG_9159.jpg

    見学のあとは、子ども達による「卒業生を送る会」も、行われました。
    今年の卒業生は2人だけ。みんなにとって頼りになるおにいさん、おねえさんだった2人を明るく楽しく送り出そうとする子ども達の精一杯のだしものが微笑ましくて、和みました。

    「犬童球渓」を後世に語り継いでいくためには、やはりこういう若い人(子ども)に伝えていくことが肝要だなあ、と改めて感じた今回の遠足でした。
    ご要望があれば、平日でも開館し対応しておりますので、遠足、社会科見学などでぜひ多くの小中学校にお立ち寄りいただければと思います。

    今日は14時から「球渓講座」の1回目。
    天気もよくなりました。足を運んでもらえれば幸いです。
    スポンサーサイト

    いでやハゲマン(励まん)~高田素次氏の話

     人吉中学校では人吉高女の球渓を臨時講師として招き、生徒に授業をしてもらっている。生徒だった一人高田素次さんの思い出話――「犬童先生は頭が禿げていたので、教材に使われた歌(まだ題名を把握できていない)の中の歌詞――《・・・・いでや励まん・・・・》という部分のハゲマンのところを禿げマンと、そこのところを特に大きな声で歌ったものだ。」
     高田さん、一時は音楽の道も考えたそうだ。しかし手が小さくて指が広がらず、球渓とも相談はしたが、結局その道はあきらめて、郷土史家として絶大な功績を残すことになった。民俗学関係の雑誌を球渓に贈呈したこともあり、高田家にはそれに対する球渓からの礼状が保存されている。
    熊本県近代文化功労者として二人は肩をならべている。
    ※こんな話もたくさん聴くことができる「球渓講座」は、3月12日(日)14時スタートです。お申込みは、0966-22-3568(留守番電話対応)まで。飛び込み参加も歓迎です。4月19日、5月14日にも予定しております。

    IMG_4796.jpg

    3月12日、「球渓講座」がスタートします!

    ※訂正のお知らせ~球渓講座第2回は、4月9日(日)です。日程を間違えて掲載していました。申し訳ありません。

    おぼつかない足取りながらも、昨年6月になんとか犬童球渓記念館がスタートし、10月にはグランドオープン。
    地域の方々や、遠方の方からも「犬童球渓記念館を支える会」会員としてたくさんの応援もいただいております。
    なんとか、この施設を維持し、より地域に浸透させていくために、かねてより計画していた「犬童球渓の生涯」を、いよいよスタートする運びとなりました。講師は、犬童球渓記念館館長の鶴上寛治が務めさせてもらいます。
    初回は、3月12日(日)ですが、4月9日、5月14日と3回で完結するように構成しました。
    3回続けて受講していただくのが理想ですが、1回のみの受講も大歓迎です。
    犬童球渓の人となりや、どんなことをやってきた人なのかを知り、人吉との関わりを知る。
    ときにはゆかりの音楽も織り込みながら。そんな楽しい時間にしたいと思っています。
    受講は無料ですので、ぜひ多くの方にお越しいただければと思います。

    「球渓講座」第1回は、
    3月12日(日)14時~15時  於・犬童球渓記念館  です。
    ご予約いただければありがたいですが、当日飛び込みでも大丈夫です。お気軽にお越しください。
    ※熊日の「かわら板」にも告知を掲載していただきました。

    DSC_1882.jpg

    団体のお客さま

    3月2日に熊本市の北部公民館の講座を受講されている方達が、マイクロバスでおみえになりました。
    館長から「犬童球渓」について少々お話させていただいたあと、自由に館内を見学していただいたり、みんなで合唱されたり、楽しい時間を過ごしていただけたようです。
    犬童球渓記念館は、現在、日曜のみの開館となっておりますが、事前にご予約をいただければ、平日でもできる限り、見学のご希望には応えていこうと思っております。
    「行ってみよう!」と思われた方は、メール、電話、FAXなどでまずはお気軽にご連絡ください。
    00030001.jpg
    DSC_1873.jpg

    見学者、増えてきました

    昨年10月のオープン以来、じょじょにではありますが、見学にみえる方も増えてきました。
    原則日曜のみの開館ですが、事前にご連絡いただければ可能な限りは開館し、
    ご見学いただいています。
    ときどき、バス1台分、2台分という大所帯で来ていただいたこともあり、
    館長も力の限り、解説などさせてもらっています。
    (ときにはみんなで歌うこともあります)

    3月もすでにいくつか予約が入っており、中には地元・人吉球磨の小学校の遠足などという
    嬉しい予定も入りました。
    これから暖かくなり、お出かけにもよい季節となります。
    人吉球磨を訪れる方は、ぜひ球渓記念館にもお立ち寄りください。

    IMG_4821家
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。